鬱病と躁鬱病(そううつびょう)ってどう違うの?

鬱病(うつびょう)は最近では珍しい病気ではなくなり、社会での認知度も高くなっています。
ですが躁鬱病(そううつびょう)と言われるとどう違うのかわからない方も多いのではないでしょうか?

実際に、鬱病だと思って通院していたのに、ある日突然「あなたは躁鬱病です」と医師から言われる患者さんも少なくありません。私の周りにも鬱病と躁鬱病が同じだと思っていた人がいました。

今回は、医師ですら初診では見分けられない鬱病と躁鬱病の違いを考えたいと思います。

そもそも躁鬱病とはどんな症状か

躁鬱病は双極性障害(そうきょくせいしょうがい)とも呼ばれています。

鬱病は気分が落ち込み、何もする気が起きなくなってしまうものですが、躁鬱病は過度な活動期と鬱期を繰り返す病気です。

躁病(そうびょう)という病気がありますが、これは鬱の反対で、簡単にいうとテンションがあがりすぎてしまう病気です。

鬱状態と躁状態が繰り返し起こる病気が躁鬱病ということです。

躁状態の時は多幸感に満たされていますので、本人はおかしいことに気づきません。鬱期に入って初めて精神科を受診する人も多く、医師も鬱病と間違えて診断してしまうことが多い病気です。

病名がつくまで時間がかかることも・・・

躁鬱病と診断された人が初診では鬱病や統合失調症など、他の病気と診断されることは多々あります。鬱期に受診するので専門医でも初診では間違えやすいと言われています。

躁状態の特徴はおしゃべりが止まらなくなる、眠らなくても平気に感じる、イライラして怒りっぽくなる、攻撃的になる、じっとしていられなくなるなどの症状があります。

躁状態は元気なので本人からすると、病気だととてもわかりにくいのが怖いです。

躁鬱病でさらに怖いのが、躁状態の時に重大な決断を後先考えずにしてしまう可能性です。

例えば、会社を辞めてしまったり、離婚してしまったり、株にお金をつぎ込んでしまい借金を抱えてしまう、などです。

この場合は本人よりも、周りの人のほうが気付いてくれやすいので、家族など周りに信頼できる人を確保するのが大切です。

カウンセリング相手は身近な人でも大丈夫

鬱病も躁鬱病などメンタルに関する心の病気の対処法としてよく行われるのがカウンセリングです。

カウンセリング相手はもちろん専門家の方がよいのですが、カウンセリングに抵抗を感じる人は多いと思います。そんな場合は、家族や友人にカウンセリング相手になってもらいましょう。

カウンセリングといっても悩みなどを相談すると考えるといいです。

悩みを相談することは簡単に見えて、実は意外と多くの人ができていないことなので気をつけましょう。

悩みが相談できない人は悩みやストレスを抱えることに慣れてしまう危険性があるので、気をつけてくださいね。

小さな悩みでも大きな悩みでもどんどん捨てるように誰かに相談しましょう!

スポンサーリンク

関連記事