集団になると会話に入れない!を改善する

集団での会話が苦手

会社でも学校でも集団で何かをしないといけない時があります。飲み会や同窓会も集団ですね。集団は避けられないものですが、集団が苦手だという人は多いです。集団での会話に入れなくて劣等感を感じてしまう性格の人は多いです。輪に入っていけず、ただ笑っているふりをして過ごすのは苦痛です。

集団で会話に入れないのが嫌で集団を避けるようになると今後の人生が大変です。飲み会などの出席率が悪いと友達が減ったり、仕事での人間関係にも影響が出る可能性があります。集団を避けられない時は割り切って我慢するというのも良いですが、苦痛を耐えるより、どうせなら楽しく過ごすほうがいいですよね。

コミュニケーション能力?

会話というと、よく聞くコミュニケーション能力という言葉が連想されます。しかし、コミュニケーション能力という言葉は非常に曖昧なので、どうやって能力を上げればいいのかがわからないという人は多いと思います。

さらに、集団での会話に入れない性格の人でも1対1の会話なら得意だという人もいます。こういう人はコミュニケーション能力が全くないとは言えないでしょう。話すことはできるけど輪に入っていけないということですね。

集団での会話に入れない理由

そもそも、なぜ1対1では楽しく会話ができるのにグループになると会話に入れないということが起こるのでしょう?

その一つに『話題』が関係してくると思います。

会話があると必ず話題があります。集団での会話の場合、そのグループ内にいる人たちの興味の割合が高いものが話題になりやすいです。その話題があなたに全く興味のない・知らないものだと会話に入れないのは当然ですよね。

その場の空気を無視して「何それ?」と図太く会話に入っていける人もいますが、性格上または立場上それは難しいという人も多いと思います。

逆に1対1の会話では、あなたの得意な・興味がある話題で話しやすいです。だから、自分の言いたいことを伝えられる人にとっては1対1の会話の方がやりやすいです。

集団での会話に入るための改善策

実際の改善策ですが、先ほど言った通り集団での会話に入れないのは、あなたの関心とグループの関心が一致していないことが原因の可能性があります。これを直すと集団でもあまり苦痛ではなくなるかもしれません。

ただし、あなたの関心は簡単には変えられませんし、変える必要もないと思います。だから関心を変えるのではなく、話題についていくために興味のないことでも一応知っておくという普段からの努力が必要です。

実はみんな陰で頑張っているのです。

他にも性格的な問題もありますが、今回は話題という点からの改善策でした。これはコミュニケーション能力の一部だと思います。

スポンサーリンク

関連記事